Raspberry PiをWi-Fiに接続してインターネットを使えるようにする方法

Raspberry PiをWi-Fiに接続してインターネットを使えるようにする方法について紹介します。



この投稿で紹介しているRaspberryPiはRaspberry Pi3 B+を使っています。



目次

・Wi-Fiの接続

・インターネットの設定


・ラズベリーパイのブラウザで検索した様子



Wi-Fiの接続

Wi-Fiの接続について紹介します。

①まず、矢印が指しているアイコンをクリック。



②Wi-FiのIDが表示されるので、接続するWi-FiのIDをクリック。



パスワードを聞いてくるので、パスワードを入力してからOKをクリック。



④パスワードが合っていればWi-Fiのアイコンが青色になります。



確認としてWi-Fiのアイコンを再度クリックし、Turn Off Wi-FiをクリックしてWi-Fiの接続を切ってから、Turn On Wi-Fiをクリックします。
そして、しばらくしてからWi-Fiマークが青色なればOKです。



これでWi-Fiの接続はできたのですが、まだラズベリーパイのブラウザで検索することはできないです。検索すると「このサイトにアクセスできません」が表示されると思います。

インターネットの設定

続いて、インターネットの設定について紹介します。


①Wi-Fiのアイコンを右クリックしてからWireless & Wired Network Settingsをクリック。



Network preferences(ネットワーク環境設定)の画面が表示されたら、矢印が指している部分をクリックして、wlan0の選択とDisable IPv6にチェックを入れます。
そして、IPv4AddressRouterの箇所にアドレスを入力していきます。



IPv4AddressRouterのアドレスを下画像の矢印が指しているLXTerminalで調べます。



LXTerminalをクリックして開いてからip addrのコマンドを入力します。
入力すると下画像のような画面が表示されるので、wlan0inetbrdのアドレスを確認します。inetのアドレスはIPv4AddressbrdのアドレスはRouterに入力します。

私の場合は

inet192.168.0.109/16

brd192.168.255.255



Network preferencesの画面に戻り、ip addrのコマンドで確認したアドレスを入力。
アドレスの入力が終わると下にある適用をクリックしてから閉じるをクリックし、Raspberry Piを再起動します。

再起動してから試しに何かブラウザで検索して、検索結果が表示されればインターネットの設定ができています。

ラズベリーパイのブラウザで検索した様子

ラズベリーパイに標準で用意されているChromium ウェブ・ブラウザをクリックして天気自分のサイトを検索した様子になります。



天気を検索した様子↓



自分のサイトを調べた様子↓


※上の検索した様子はVNC viewerを使ってノートパソコンの画面でRaspberry Piを動かしています。
VNC viewerを使ってノートパソコンの画面でRaspberry Piを動かす方法はこちら↓
VNC Viewer を使ってノートパソコンでRaspberry Piを操作する方法


5月2日 補足

無線LANルーターを新しいのに買い換えたので、RaspberryPiをWi-Fiに接続してインターネットを使えるようにしていたのですが、Wireless & Wired Network Settingsの設定をClearにしてから、再起動をして接続するWi-FiのIDに対応するパスワードを入力するだけでもインターネットを使うことができました。