Pythonで指定した時刻にLINEへメッセージを送信

Pythonで指定した時刻にLINEへメッセージを送信するプログラムについて紹介します。


LINEへメッセージをする方法はLINE Notifyを使って実行しています。

LINE Notifyについて紹介した投稿がこちら↓

RaspberryPiからスマホのLINEにメッセージを送信する方法


指定した時刻にLINEへメッセージを送信するプログラム

while文の中でtime.sleep(1)をすることで、1秒ずつ指定した時刻までカウントしています。そして、指定した時刻になればLINEにメッセージを送信します。

22行目でメッセージを送信する時刻を指定しています。

23行目のms + nowは”お疲れ様です。“の文字列にPython側で取得した現在時刻の文字列を付け足しています。

注意※
Python側で20時26分00秒に指定して、プログラムを実行するとLINE側では20時25分に送信されたことになってしまいます。
そのズレの対策として1秒足した20時26分01秒に指定して、実行することでLINE側で20時26分に送信されたことになります。


LINEに送信された様子↓



Python側とLINE側で時間のズレが出た様子

Python側で14時20分00秒にメッセージを送信するようにしたのですが、LINE側では14時19分に通知がきています。

お疲れ様です。“の下の時刻は、Python側で取得した現在時刻の文字列です。