JSONファイルにデータを追加するPythonプログラムを紹介します

JSONファイルにデータを追加するPythonプログラムを例文ありで紹介します。

JSONファイルのデータはPythonの辞書型データと同じ形なので、追加するデータはPythonで作成した辞書型データを追加します。

JSONファイルにデータを追加する方法

辞書型データをそのまま追加する方法辞書型データに追加する方法の2種類があると思うので、その2種類について紹介します。

目次

追加するJSONファイル

辞書型データをそのまま追加する方法

辞書型データに追加する方法

追加するJSONファイル

JSONファイル名はjs_py2.jsonです。

このJSONファイルにデータを追加していきます。

JSONファイルをメモ帳で開いた様子がこちら↓

Pythonで読み込んで表示した様子

メモ帳でJSONファイルを開くと日本語が文字化けみたいになっていますが、Pythonで読み込んで表示すると、ちゃんと日本語になります。

辞書型データをそのまま追加する方法

こちら↓の辞書型データを追加します。

{‘1001′:’True’,’1002′:’True’,’1003′:’False’}

辞書型データを追加するPythonプログラム

プログラムの説明をします。

4~6行目はJSONファイルを読み込んで、そのデータを変数j_dataに格納しています。

9,10行目は取り出したJSONのデータはリストの中に辞書型データが複数入っている状態なので、

append関数を使って{‘1001′:’True’,’1002′:’True’,’1003′:’False’}この辞書型データを追加しています。

13~15行目は前のJSONファイルのデータを消して、追加した新しいデータをJSONファイルに上書きしています

JSONファイルをメモ帳で開いた様子がこちら↓

Pythonで読み込んで表示した様子

正常に辞書型データをそのまま追加できています

辞書型データに追加する方法

「辞書型データをそのまま追加する方法」で使ったJSONファイルに追加していきます。

こちら{‘1001’: ‘一郎’, ‘1002’: ‘二郎’, ‘1003’: ‘三郎’}の辞書型データに

“1004”:”四郎” このデータを追加します。

辞書型データに追加するプログラム

プログラムの説明をします。

4~6行目はJSONファイルを読み込んで、そのデータを変数j_dataに格納しています。

8行目は追加したデータを入れるために、辞書型データの入れ物を用意しています。

10行目は何番目の辞書型データに追加するかを決めています。
n=0の0番目{‘1001’: ‘一郎’, ‘1002’: ‘二郎’, ‘1003’: ‘三郎’}この辞書型データになります。

11、12行目は辞書型データのkeyvalueを分けて、リストにデータを入れています。

15、16行目は追加するデータになります。

18、19行目はkeyとvalueに分けたリストに、データを追加しています。

21、22行目は8行目で用意しておいた辞書型データの入れ物に、データを入れています。

24行目は10行目で決めた辞書型データに、追加した辞書型データを代入しています

27~29行目は前のJSONファイルのデータを消して、追加した新しいデータをJSONファイルに上書きしています


JSONファイルをメモ帳で開いた様子がこちら↓

Pythonで読み込んで表示した様子

“1004”:”四郎” このデータが正常に、追加されています。

続いて、

{‘1001’: 21, ‘1002’: 22, ‘1003’: 23}この辞書型データに

“1004”:24 このデータを追加します。

JSONファイルをメモ帳で開いた様子がこちら↓

Pythonで読み込んで表示した様子

最後に、

{‘1001’: ‘True’, ‘1002’: ‘True’, ‘1003’: ‘False’}この辞書型データに

“1004”:”True” このデータを追加します。

JSONファイルをメモ帳で開いた様子がこちら↓

Pythonで読み込んで表示した様子




この投稿以外にPythonとJSONを使った投稿がこちら↓

Pythonで文字列になったJSONデータを辞書型にする方法

Pythonで作成したJSONファイルをJavascriptで読み込んで表示します