9x9をキレイに表示する方法 Python

Pythonプログラムで9×9を実行して、それをキレイに整列させて表示する方法と記号で9×9のマスを作成する方法を紹介します。

PythonプログラムはColaboratoryで実行しています。

目次

1.キレイじゃない表示
・通常の表示
・半角スペースを入れた表示
・水平タブを使った表示
・2次元リストの表示


2.キレイに表示
・format関数を使った表示
・記号で9×9のマスを作成


1.キレイじゃない表示

通常の表示

通常の表示の仕方で、print(x*y)だと改行されて表示してしまうので、end=””を使って各行(1~9、2~18…)の改行をさせないようにしています。そして、1つの行が表示される度にprint()で改行しています。

この表示の仕方だと、数字同士の間隔が無いので見えにくいです。

半角スペースを入れた表示

半角スペースを入れた表示の仕方で、x*yの前にダブルクォーテーション(“”)の中に半角スペースを入れたものと一緒に表示しています。

数字同士の間隔を空けているので、見やすくはなっているのですが均等に整列はされていないです。

水平タブを使った表示

水平タブ(¥tまたは\t)を使った表示の仕方で、整列はされて見やすいですが間隔が空きすぎています。

2次元リストで表示

2次元リストに数字を入れて表示するやり方で、9×9を入れたdata[]をもう1つのリストdata99[]に入れています。これだと見た目は半角スペースを使う表示の仕方とあまり、変わらないです。

キレイに表示する

format関数を使った表示

format関数で表示するやり方で、{0:>3}を指定して3桁分右揃えで表示しています。

format関数の使い方については下の投稿になります。

format関数 左揃え<右揃え>カンマ(,) Python

文字列に数字,文字を埋め込むformat関数について

記号で9×9のマスを作成

|と- の記号で9×9のマスを作成しています。“{0:>3}|”は3桁分右揃えで | の記号を付けた文字列にしています。print(“-“*36) の記号をカケル36をした文字列にしています。