for文を使って動画をコマ飛ばしで表示、早送り風

PythonでOpenCVを使った動画の表示をfor文を使ってコマ飛ばしにして、早送り風にしたプログラムを紹介します。

動画の読み込みと表示はこちらの投稿でPython OpenCVを使った動画の読み込みと表示紹介しているので、この投稿ではfor文を使ってコマ飛ばしをするプログラムをメインに紹介します。コマ飛ばしのプログラムは5コマ10コマ飛ばしたプログラムを紹介します。

読み込んで表示した動画はPexelsの動画を使わさせてもらいました。

目次

・通常の動画

・for文を使って5コマ飛ばしにした動画


・for文を使った5コマ飛ばしにするプログラム


・for文を使って10コマ飛ばしにした動画


・for文を使った10コマ飛ばしにするプログラム

通常の動画

プログラムはPython OpenCVを使った動画の読み込みと表示この投稿で紹介したものを使っています。

for文を使って5コマ飛ばしにした動画

for文を使った5コマ飛ばしにするプログラム

for文を使ってコマ飛ばしをするプログラム9行目から14行目の説明をします。

まず9行目で動画を1枚1枚の画像にした枚数、繰り返しています。

10、11行目はfor i in range(5):で5回、ch,frame=mv.read()の実行を繰り返して5枚の画像を取り出します。そして、5枚目にあたる画像14行目cv2.imshow(‘movie’, frame)で表示しています。

このことから、動画を1枚1枚の画像にした枚数、繰り返すときに5枚飛ばしで表示するようにしています。

for文を使って10コマ飛ばしにした動画

for文を使った10コマ飛ばしにするプログラム

プログラムは5コマ飛ばしをするプログラムのfor文をfor i in range(10)にしただけです。