Colaboratoryを使えるようにする方法2つと Pythonプログラムの実行

Googleアカウントがあれば多分誰でもできるColaboratoryを使えるようにする方法2つとPythonプログラムの実行を書きます。

調べたところによるとスマホでもColaboratoryが使えるみたいです。

まず、公式サイトからColaboratoryについて

Colaboratory(略称: Colab)は、ブラウザから Python を記述、実行できるサービスです。

https://colab.research.google.com/notebooks/welcome.ipynb?hl=ja

Googleドライブから検索してインストールする方法

まず、googleにログインしている状態で下の画像に写っている矢印の部分(小さい四角が9つ)をクリックします。

クリックしたら下の画像のような画面になるのでドライブと書かれてあるアイコンをクリックします。

続いて、新規をクリックします。

新規をクリックし、その他からアプリを追加をクリックします。

アプリを追加をクリックしたら、検索の場所にColaboratoryと入力して、見つかればColaboratoryをクリックします。

下のような画面になればインストールします。

インストールが終われば新規をクリックし、その他からGoogle Colaboratoryが追加されていれば成功です。




URLを入力して使えるようにする方法。

この方法をする前は1つ目のアプリを追加から検索してインストールをしていたのですができなくなりどうすればColaboratoryを使えるだろうと調べていたらもう1つ使える方法が見つかったので、その方法を紹介します。

まず、下のURLをクリックします。

https://colab.research.google.com/notebooks/intro.ipynb#recent=true


URLをクリックすると下のような画面になると思うので、ノートブックを新規作成をクリックします。

ノートブックを新規作成をクリックしたら、下の画面になるので動作確認として名前を変更します。

Untitled0.ipynbをクリックしてtest.ipynbに名前を変更します。

そして、名前を変更したらctrl+s またはファイルから保存をクリックして保存します。

保存ができたら下画像の矢印が指しているアイコンをクリックします。

アイコンをクリックしたら、下のような画面になるので矢印が指しているマイドライブをクリックします。

Colab Notebooksのフォルダが作成され、その中にtest.ipynbが入っています。

続いて、1つ目の方法と同じで新規をクリックし、その他からGoogle Colaboratoryが追加されていれば成功です。

最後にPythonプログラムを実行します

上で作成したtest.ipynbをクリックします。

クリックしたら下のような画面になるのでGoogle Colaboratoryで開くをクリックします。

そして、下のプログラムを入力して➤このマークをクリックするか上にあるランタイムからすべてのセルを実行をクリックしてPythonプログラムが動くか確認します。

下画面のようになれば成功です。

これでColaboratoryを使えるようにする方法2つとPythonプログラムの実行確認は終了です。
お疲れ様でした。