ColaboratoryでPython基礎 計算について

Pythonプログラムの数字を使った足し算や引き算、かけ算、割り算、ルートなどの計算と文字列を使った足し算、かけ算について、解説とColaboratoryで実行した様子を投稿します。

Colaboratoryを使えるようにする方法は下の投稿になります。
Colaboratoryを使えるようにする方法2つと Pythonプログラムの実行

目次

1.演算子 + –

2.演算子 * ** / // %


3.代入演算子 += -=
・ルート(√)の計算


4.演算子の優先順位


5.文字列同士の足し算

・文字列のかけ算

1.演算子 + –

変数に数字を入れた計算を実行します。

実行結果↓

各演算子の意味について説明します。

+ 演算子は足し算
 演算子は引き算

+通常の計算と記号が同じになります。

※シャープマーク(#)はプログラムにコメント(メモ)を書けるようにします。プログラムには何の影響もないです。


2.演算子 * ** / // %

実行結果↓

各演算子の意味について説明します。

* 演算子はかけ算
** 演算子はべき乗(累乗) ~乗 
/ 演算子は割り切り 実数で表示
// 演算子は切り捨て 整数で表示
% 演算子は余りの表示


3.代入演算子 += -=

実行結果↓

変数に直接足し算や引き算を行います。
a=a+2a+=2は同じ意味になります。
同様にa=a-2とa-=2も同じ意味になります。


ルート(√)の計算

実行結果↓

**(1/2)をすればルート(√)の計算ができます。


4.演算子の優先順位

実行結果↓

2+10*3=32 通常の計算でかけ算が優先されます。
(2+10)*3=36 ()で囲んだ方が優先順位が高くなります。


5.文字列同士の足し算

実行結果↓

文字列+文字列で文字列同士を組み合わせることができます。

文字列のかけ算

実行結果↓

“眠い”という文字列に*3をして表示しています。